E-M5II_1703200454_small.jpg


数年前に買ったLAMY tipo ローラーボール。
インクが切れたのでリフィルを買おうと思ってその値段にビビった!



tipo本体はヨドバシで1100円ほどで買った記憶がある。 リフィルは700円くらいだった気がする。
LAMYさん、ちょっと高いよーー
そうしてインク切れたまま、昨日までtipoは放置されていました。

ネットで、「tipoにゼブラSARASAクリップの替え芯が使える」らしい情報を見つけた。
LAMYは独自規格が多いので互換リフィルのことは全然考えていなかった。
早速試してみる。

E-M5II_1703200455_small.jpg

比べてみるとイケそう。
装着。

E-M5II_1703200457_small.jpg

普通に使える!やったね!
ゼブラのJF芯は1本86円! 10分の1ほどだ!

無加工で使えるが、ペン先のアップ写真を見ての通り口金径より芯径が細い。
あと芯が1㎜ほど飛び出してる。
気になる人はきになるかも。

私は気にならないし、書きまくれる方が嬉しい!!





E-M5II_1703110432_small2.jpg

一旦、ポチったがキャンセルしたステッドラー アバンギャルド。
でもやっぱり買っちゃいました。
アマゾンで1900円の割に外箱は超クール!



外箱を開けると、

E-M5II_1703110433_small.jpg

じゃーーーーん! 缶ペンケース、登場。
これ実際に使っている人も多いかも。

かぱっと開くと、

E-M5II_1703110434_small.jpg


こんな感じに収まってます。

アバンギャルドは7色展開です。クールシルバーかナイトブルーかブラストブラックで迷いましたが、ブラストブラックを選択。

E-M5II_1703110435_small2.jpg

艶消しのブラックです。

E-M5II_1703110437_small.jpg


アバンギャルドは3色ボールペン+0.5シャープペンです。
ですがノック部分は1つ。
一般的な多色ボールペンとは違い、振り子式と呼ばれる仕組みで芯を出します。
「Black」、「Red」、「●」、「0.5」と軸に書かれています。
出したい色(例えば黒なら「Black」)を上に向けてノックすれば、出したい色の芯がでます。
人によっては煩わしいと思うかも知れませんが、3色+シャープペンならあまり不便というか煩わしさは感じていません。
これ以上、5色、6色と色数が増えるなら、上に向ける角度が微妙になって、希望する色の芯が出ずにイライラするかも。
3色+シャープなら45度間隔でいけるので、問題ないかな。

私の場合、不便に感じるのはクリップ。
隙間が狭すぎて、薄いノート表紙くらいにしかひっかけられない。
胸ポケットだとワイシャツ。しかも薄手の生地のものでないと無理!

このクリップはひっかけるという用途に使うのではなく、転がり防止のために付いていると思っています。


ボリュームのある先端から、細く伸びる軸はカッコいい!
多色ペンなのにこの細さ。

やっぱり買って良かった!!











E-M5II_1703090406_fb.jpg

シャーボXのリフィル(替え芯)が届いた。
前回のエントリでも書いたが、シャーボXは替え芯が別売。
初期投資は高くつくが、自分で選べるのはいいシステム。
惜しむらくは、色数が激減してしまったことが残念でならない。
黒、赤、青、緑 (ゲルにはブルーブラックもあり)の定番色しか残っていない。
ただ油性、ゲル、エマルジョンとインクの性質は好みによって選べる。
今、市場にあるカスタムペン(自分で色を選べるペン)はカワイイ系の軸しかない。
若者にはいいけど、おっさんにも違和感なく持てる&所有感ある軸が欲しい!
ゼブラさんには新シャーボと新色を期待してます。

話が逸れましたが、リフィルはゼブラ公式HPから購入。
便利だ!!
「しまうま倶楽部」に入会すれば(会費無料)、送料無料、ネット限定商品も購入可能。
ゼブラのペンを使う人はしまうま倶楽部を利用した方が絶対いい!
替え芯1本から買えるなんて、ゼブラさん、頑張りすぎ!
特にシャーボのゲルインキリフィルは筆記距離が短いので、予備のリフィルは常備したいし、
切れた時もすぐに欲しい。
アマゾンだと1本単位で買えないし、2000円以上でないと送料無料にならないので無駄に買い物してしまう。

また話が逸れた。
シャーボXにリフィル装填。

E-M5II_1703090408_fb.jpg

金属芯の多色ペンはメカメカしくてカッコいいい。
子供だなと自分でも思う。
が、しかし、カッコいいものはカッコいいのだ!


もう一本欲しくなった。















シャーボXという選択


E-M5II_1703040403_small.jpg


仕事用の手帳には4色のペンで書き込んでいる。
書き込む内容によって色を変えている。
あとで見返した時に、目的の項目を探しやすいように。

エバーノートやGoogle カレンダーやその他スケジュールアプリの方が検索しやすいのは確か。
でも入力はペンの方が早いのとデータは手元に置いておきたいアナログな性格のせいで手帳は手放せない。

ブルーブラック、緑、赤、紫。
この4色を4本のペンで記入している。
何年もこのペンたちで書いてきたが、ペンを持ち替えるの面倒くさい。
今更だが。
1本で賄えないか?
多色ペンがあるじゃないか!
ただ安っぽいデザインが多い。実際安いけど、おっさんなので見た目もそれなりのものが欲しい。
4色に拘るなら、
パイロット customヘリテイジ4+1
パイロット RIDGE 4+1
ラミー2000(L401)
と高価すぎるラインナップ。



安っぽいのは嫌だと言いながら、高級品は買えないしみったれな私。
でもラミー2000ならアマゾン価格で5600円ほど。これくらいなら手が届く。
替え芯も4C規格なので、ジェットストリームやアクロインキが使える。
しかしレビューを見てると、ノックの渋さというか軽快さがないようだ。
軸も折れるなど、堅牢性に疑問が残る。
それなりの金額は払うので、すぐ壊れてしまっては困るのだ。

うーん。

3色にするなら、どうだ?
すると選択肢は大いに広がる。
ヘルベチカ
ステッドラー アバンギャルド
ロットリング4in1
その他各筆記具メーカーから多数ラインナップがある。
ここでも問題が。
インクである。
従来の油性インクは、
・書き味が重い。
・書き出しが掠れる。
など書いていてストレスが溜まる。

先程も書いたが4C規格の軸なら、ジェットストリームやアクロインキの替え芯が使える。
両方とも低粘度油性インクで滑らかな書き心地である。
純正インクに縛られず、好きなインクを選択できるのは大きい。

デザインと低価格と4C規格と3つを備えたステッドラー アバンギャルドをポチった後、
「シャーボって何色ペンだっけ?」
気になったら検索せずにはいられない。
ボールペン1色+シャープペンからボールペン3色+シャープペンまで様々。
気が付けば、ステッドラーをキャンセルして、シャーボX TS10 ネイビーゴールドお買い上げ。
シャーボXは芯は別売。RIDGE4+1と変わらないお値段でした。

軸は別売という事は、自分でカスタムできるというのがウリ。
ボールペンも油性、ゲル、エマルジョンと三種類。そしてその中から好きな色をチョイスできる。
今はイレギュラーカラーが廃版になってしまったのが残念で仕方ない。
シャープペンも0.3、0.5、0.7と選べるのはシャーボXのみ!
軸の色も豊富なのも嬉しい。
ブロンズオーカーがカタログ落ちしたので、仕方なくネイビーゴールドを選択。

自分好みにカスタムできるシャーボX。
もう少し早く買えばよかった。
色々縮小されてカスタムの幅が狭くなってしまった。
替え芯も2.3mm径にして、新シャーボXの登場を心待ちにしています!









yowai

E-M5II_1702010384_small.jpg

齢五十。
成しえぬ事多く。







手帳選び

E-M5II_1701230382_small.jpg

手帳選びは悩ましい。
筆記具は自分に合わなければ、使わないで机の中に仕舞っておいたり、誰かにあげたりできる。
手帳は約一年付き合うことになる。合わないのに一年付き合わねばならない。

しかも期間限定商品だ。
合わなかったからと言って、他の手帳に買い替えようにもその頃には売り切れているものも多い。


プライベートの手帳は1月始まりを買う。
新年から書き始める。
1月始まりは10月頃から、選定作業に入る。
このメーカーはどうか?
去年と仕様が変わっているか?
そんなことを考えつつ、文具店や東急ハンズ、LOFTの手帳売り場をウロウロする。
傍からみたら不審者っぽいだろう。
不審者っぽく見られつつ、今年の1月始まりはほぼ日手帳オリジナルにした。

問題は4月始まりの手帳。
仕事用の手帳は4月始まりを使っている。
まだ手帳売り場には1月始まりの売れ残りが多く、4月始まりは少ない。
しかし、4月始まりも仕様は1月始まりとほぼ同じと考えられるので、1月始まりの手帳の紙質やレイアウトを吟味する。

E-M5II_1701230381_small.jpg


仕事用はずーーーっとダイゴーのポケットサイズの手帳(週間レフト)を使っていました。
2012年から書き留めておく事が多くなり、予定も書きこみたいのでバーチカルを選んできました。
ここ最近では2015年はほぼ日カズン。2016年はユナイテッドビーズB6バーチカル。
2017年は手帳の高橋のティーズ・ディレクション。エイ出版のESダイアリーA5バーチカル。ほぼ日カズン。
この3つを考えています。
重さと値段の高さを考えなければ、ほぼ日カズンなんだけどなぁー









万年筆を買ってみた

E-M5II_1701100374_small.jpg

久しぶりに万年筆を買った。
しかも初の金ペン。
プラチナ センチュリー #3776 ブラックダイヤモンド。
今年の目標は日記を書くこと。
その日記を書くために買いました。
三日坊主にならないよう、書くためのモチベーションが上がるような筆記具をと思い購入。
LAMYのサファリも大好きですが、センチュリーもイイ!

窓の外

名称未設定1610090360_small

明日晴れたらどこへ行こう
























E-M5II_1609150201_small.jpg

富士フィルムのミラーレス用交換レンズが出荷価格を改定だそうです。
http://ffis.fujifilm.co.jp/information/articlein_0057.html?_ga=1.204906832.116095557.1465484808
値上げにつながるんでしょうねー。
まぁまだボディも買っていないので、ユーザー気取りで何ですが。

ところで先日ヨドバシ梅田の内田ユキオ氏のトークショウ行って来ました。
その中で「Xマウントレンズで3本選ぶならどれ?」と内田氏の質問に参加者の方が数名それぞれのレンズを答えていました。

私の3本は XF14mmF2.8R  と  XF18mmF2R  と  XF 35mmF1.4R

2本なら XF 10-24mmF4R OIS  と  XF 35mmF1.4R

もし1本なら XF23mm1.4R

かな?















2つのX

FZ150__003391_small.jpg

やっぱりこの2つで迷うよね。