スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい出来事

E-M5II_1706230630_small.jpg


愛用してきたカメラとレンズを譲ることができた。
見知らぬ誰かではなく、よく知る若い世代へ。
何かを残せたようで
嬉しい出来事だ。
とても、とても。









スポンサーサイト
これは避けられなかった。
仕方ない。

iPhone6のライトニングケーブルが断線してしまった。
自宅と職場に1本ずつケーブルを置いてあるが、職場の方が断線したようで、充電できなくなった。
無いと非常に困るので、アマゾンで注文することにした。
アップル純正は高いので、サードパーティー製を探していると、Amazonベーシックがタイムセールで安くなってる!

E-M5II_1705300620_small.jpg


すかさずカートへ放りこむ。
「うむ、グッドタイミング。」

しかし、このケーブルだけで注文確定すると送料がかかってしまう。
「困った….」
購入価格が2000円以下では、折角安く買えたケーブルも送料をプラスされると、高い買い物になってしまうではないか!
Wish Listから何かないかと探していると、
「あった!」
カランダッシュ849スイスフラッグ!
先週、カランダッシュ849のダークグレーを買ったばかりだが、仕方がない。
スイスフラッグをカートへ入れる。

「これでよし!」
でもちょっと待てよ。スイスフラッグは確かに欲しかったが、グリーンも捨てがたい。また後日注文すると宅配便の人も配達が大変だろう。
ここでグリーンも注文しておけば効率的だ。配達が1回で済む。
グリーンをカートへ入れる。
「もうこれでいいぞ!」
あれ?そうだ。ゴリアット芯の赤(F)もいるんだった。
1000円ほどだから、別に注文してしまうと送料がかかってしまうぞ。
この際ゴリアット芯も注文しよう。そうすれば安く済む。
ゴリアット芯 赤(F)をカートへ入れる。
注文確定。

E-M5II_1705300619_small.jpg



……やってしまった。










E-M5II_1705300603_small.jpg


ゼブラのSARASA。
私が一番よく使うボールペン。
書き味は好きだ。大好きだ!
ただプラ軸なので安っぽい。もちろん安いが。
リフィルアダプターを使ってパーカージョッターに4CのSARASA芯を使ったりしてる。
金属軸の高級感とSARASAの書き心地を味わえて最近のお気に入りだ。


SARASAのリフィルとパーカーのリフィルをふと見ていたら、
「SARASAの軸にパーカーのリフィルが入るんじゃない?」
あるいは、
「パーカー軸にSARASAのリフィルが入るんじゃない?」
とへんな考えが頭をよぎった。

まずSARASA軸にパーカーリフィルを試してみよう!

E-M5II_1705300604_small.jpg

用意するもの。
使い切ったSARASAとパーカーリフィル。

E-M5II_1705300605_small.jpg


パーカーリフィルの方がSARASAのリフィルより短いので「下駄」をはかせる。
使い切ったSARASAリフィルを適当にカットして下駄を作る。

E-M5II_1705300614_small.jpg

下駄の長さはとりあえず14.7mmで試してみる。


次に口金。

E-M5II_1705300607_small.jpg

E-M5II_1705300608_small.jpg

SARASAの芯径が約2.25mm。パーカーの芯径が約2.45mm。
なので口金の径を広げないと、パーカーリフィルが通らない。

E-M5II_1705300609_small.jpg


ハサミの刃を差し込んで回して径を広げる。
適当にグリグリ回し過ぎて、広がり過ぎた!
広げ過ぎると書くときにペン先ががたつくのでもう一度やり直し。
幸い使い古しのSARASAはいっぱい転がっているので、今度は慎重に穴を広げる。
黒だと普通のSARASAと見分けがつきにくいので、コバルトブルーのグリップにしました。

これで、準備完了!

E-M5II_1705300610_small.jpg


ちなみにスプリングはSARASAのもの。
組み立ててみると、あっさり完成!

E-M5II_1705300611_small.jpg

10分程度でパーカー互換SARASAの出来上がり!
芯がやや出すぎてるけど気にしない。(笑)
気になる方は下駄をもうあと1mm、2mmほど詰めて下さい。
この画像の状態で下駄は14.7mm。
これを基準に好みの突き出し具合になるように現物をみながら削って下さい。
私はめんどくさいんで、これでOKとします!

ROMEOも使えるよ。当たり前だけど。

E-M5II_1705300615_small.jpg



SARASA芯をパーカー軸へ入れるのはまた次の機会に。









ホワイトロジーの美白3点体験セットはコチラ




E-M5II_1705270602_small.jpg

無印良品のブックシェルフが届く。
しかし、まだまだ部屋は片付かない。















カランダッシュの罠

E-M5II_1705220594_small.jpg

結論から言います。
カランダッシュ849 ダークグレー 買った。

書きやすい。
ここ最近、何本もボールペン買ってますが、普通に書きやすい。

デザインが好き。
これは個人差がありますが、私は好きです。
しかもカラーバリエーションがハンパない。LAMYのサファリと同じだ!
849をある程度買って落ち着いたら、「エクリドールは?」という新しい疑問が待っているという二段攻撃。

E-M5II_1705220595_small.jpg


恐るべし、カランダッシュ。












お得なJR+宿プランはこちらから!




縦書き練習中

E-M5II_1705150584_small.jpg


縦書きは苦手だ。
文字の軸がブレブレなので下手さ丸出しだ。
でも封筒の宛名書きは縦書きだったりと避けては通れないところもある。
練習あるのみ。









セットでお得!日本旅行の「新幹線+宿泊」セットプラン


center>E-M5II_1705070553_small.jpg

パーカーを買ったのは初めて。
安いモデルを買ったのに、こんなしっかりした箱に入って来た。
ビックリ! 一度目の驚愕。

ステッドラーのアバンギャルドも凝った箱だったが、このパーカーの方が大袈裟過ぎず、しっかりしていて好きだ。

今回買ったのは、ボールペン。
ジョッター プレミアム ラインチーゼルCT。

E-M5II_1705070555_small.jpg


普通のジョッター スペシャルでもよっかたけど、金属軸が欲しかったのでこいつを選んだ。
スマートでカッコイイ。
同じ細軸だがカランダッシュ849とは違い、大人の雰囲気を纏っている。

箱から出して、ノートの上にペンを走らせる。

ぐるぐるぐるぐる。

インクが出てこない!!!
白いノートにペン先をぐるぐる円を描くように動かすが、ノートの上にはペン先が動いたくぼみしか残らない!

ぐるぐるぐるぐる。

ペン先は出るのだから、リフィルは入っているはずだが一応検めてみる。
当たり前だが、純正クインクフローのMが収まっていた。

ぐるぐるぐるぐる。

「何故?」「不良品?」「ハズレ?」

と頭の中に浮かんだ時、スルスルと黒い線が白いノートの上に現れた!
ボールペンを試し書きするのにここまでドキドキハラハラするとは。
二度目の驚愕である。


E-M5II_1705070556_small.jpg


ジョッターはノック式。
ノックの度に、芯が1/4回転する。ペン先の偏摩耗を防ぐためだそうだ。
そういう機構が仕込まれているせいか、ノックすると、
「ジャッキーン」
親指に確かな反発力とノック音が響く。
スリムな風貌に似合わず、力強さを見せる。
静まり返った会議室ではノックするのを躊躇われる。

E-M5II_1705070557_small.jpg


サイズはカランダッシュ849と長さも軸径もほぼ同じ。
持った感じはジョッターの方がしっくりくる。
まだ長時間の筆記はしていないので何とも言えないが。

パーカーはリフィルの選択肢が非常に多い。
もうしばらくしたら、色々なリフィルを試してみよう。










7日間の美白トライアルセットはコチラ



E-M5II_1704170503_small.jpg


先日、Uniの2㎜芯ホルダーを机の奥から発掘。20数年振りの対面。
もっといっぱいあったはずだが、この2本だけしかなかった。
鉛筆やシャープペンシルは使うけど、2Bや4Bを使っています。

ある方がLAMYスクリブル(3.15mm芯ホルダー)にボールペン芯を入れて使ってらっしゃるのを見て、真似してみました。
Uniの2㎜芯ホルダに4C規格のボールペン芯を入れて使おうというもの。
しかし敢無く失敗。
E-M5II_1704170505_small.jpg

芯は入るものの出てこない。
4C芯は2.3㎜径なので当たり前と言えば当たり前。

そんな失敗談を投稿したら、別の方から「ドリルでチャックの口径を拡げてはどうですか?」とアドバイスをいただき、実行!

今度は出てきた!

E-M5II_1705030549_small.jpg


筆圧をかけても芯は引っ込むことなく、ちゃんと書けます。

E-M5II_1705040552_small.jpg


E-M5II_1705030550_small.jpg



4Cは厳密に規格化されていないようなので、メーカーによって径のばらつきがあります。
使いたい芯の現物と合わせた方がいいですね。
もちろん2㎜芯ホルダーとしては使えなくなりますし、自己責任でお願いします。














E-M5II_1704300544_small.jpg


普段から蛍光ペンはよく使います。
昨日修理から帰ってきたシャーボXに添えられていたオプッテクス2イージー。
そして今日東急ハンズで10%オフに惹かれ買ったフリクションライト・ソフトカラー。
5本も集まってしまったので、書き比べ、色比べしてみました。


E-M5II_1704300545_small.jpg

1. ゼブラ チェックペン
学生時代にお世話になりました。教科書やノートの文字の上に線を引き、緑の下敷きを置くと文字が見えなくなる。
テスト前によくやりました。でも今は使っていません。
たぶんウチの奥さんがWOWOWの番組表をチェックするのに買って、使っているのだと思います。
これは「蛍光ペン」ではないです。ゼブラさんもHPで商品一覧で別カテゴリに入れています。
見て分かる通り、すごく濃い赤です。
文字の上に線を引くとそれだけでも結構見えなくなる。社会人が使うには困ったペンですね汗
ただ濃----いので目立つ。重要な部分を囲ったりするにはいいんじゃないでしょうか。

2. 三菱プロパス2
私が一番好きな蛍光ペン。
フェルト部分が適度に柔らかく、線を引くにも、文字を書くにもいい。この5本の中で一番書きやすい。
ややギラつく色だが、それが蛍光ペンなので自分の中ではスタンダードな蛍光ペン。

3. ゼブラ オプテックス2イージー
突如我が家へやって来た蛍光ペン。
プロパスと違いややフェルト部が固い。使っているうちに馴染むかもしれない。
色は「赤」と表記されているが、オレンジよりのピンク。
プロパス以上にギラつく感じ。くどい。
でもインクはカートリッジ式なので使い捨てにならず、エコ。いいと思う。
しまうま俱楽部に入っていれば、送料無料でリフィルが手に入るのは便利。

4. パイロット フリクションライト ソフトカラー
蛍光ペンのギラつきに疲れてきたので、買ってみました。
普通のフリクションライトよりも淡い色合いで蛍光色度合が抑えられてる。
期待通りの色で満足です。
加えて、フリクションの名前の通り、こすって消せるのも〇。

5. スマートバリュー エコビズ
会社支給の蛍光ペン。
どこのメーカーか不明。アスクルか何かで注文している物かも知れない。
色はプロパスにかなり近い。こちらの方がやや濃い。
書き味も悪くない。
満足度は高いが、前述したが目が疲れる。


E-M5II_1704300546_small.jpg


書き忘れましたが、紙はMDノート。
裏はこんな感じです。
チェックペンはあんなに濃いのに、裏に抜けてませんね。
MDノートがいい紙なのか。

フリクションライト ソフトカラーは裏からも一番見えにくい。
これから手帳にはフリクションライトソフトカラーで行きたいと思います。









7日間の美白トライアルセットはコチラ



シャーボX、帰還

修理に出していたシャーボXが無事帰って来ました!

E-M5II_1704300542_small.jpg


軸を捻って芯を繰り出すのですが、引っかかって引っかかって使うのが嫌になっていました。
この件は以前の投稿にも書きました。

帰ってきたシャーボXはもちろんバッチリ!!
同じ回転式のオートのCAPSULE4のガシャガシャ感は全く無い。
「ヌッ、ヌッ、ヌッ」と音もなく回る。
気持ちイイ!


丁寧なお手紙と蛍光ペンも同封されていました。
ありがとう!ゼブラさん!!












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。