iPhone4

最近の私のメインカメラ。
それは文句なくコイツです。
iPhone4。
通勤でもプライベートでも常に一緒ですから。
取り出す機会が圧倒的に多い。
ボディも薄くてジーンズのポケットにもすんなり収まります。

持ち歩きように、ソニーのサイバーショットTX55も検討した事があります。
コンパクトさで言うと、

TX55は厚み13.2mm、重さ109g
iPhone4は厚み9.3mm、重さ140g

いい勝負だー

あとは操作性。
iPhone4はiOS5になってから不具合もあったりするけど、個人的に嬉しいアップデート。
ホームボタンをダブルクリックすると、カメラの起動ボタンが!
起動ボタンが!
これは速写性の大幅アップです!

対するTX55。
先代モデルからかなり薄く、そしてスタイリッシュなフォルムに仕上がってます。
レンズカバーも先代と異なり、段差がないフラットな前面になりました。
そして、このTX55のイチバンのウリが、仇になろうとは!

某月某日。購入検討するべく、ビックカメラへ。
TX55、やはりいい! 
しかし、気になっていたのはレンズカバー。
段差があれば、それを指がかりにして上下にスライドさせれば開閉できるだろう。
繰り返すけど、しかしコイツはカバーを閉じると完全フラット。
カバーを開けるには、やや持ち上げつつ、スライドさせる必要がある。
ある意味、すごく凝ったギミックです。
でも私のゴツイ指では上手くスライドできない....

見かねた店員さんが
「ここをね、持ち上げるようにスライドしてください。」
ありがとう、店員さん。でも、自分なりに操作性を吟味しているので放置しててください。


結局、TX55は見送り、未だにiPhone4を越える常時持ちのカメラは私の前に現れていません。



















人気ブログランキングへ







関連記事
新着記事一覧