またまた前回の続きです。

前回では「Cal-Sync」の悪いところばかりに目を向けてしまいました。
省入力への期待が大きかっただけに、細かなアプリの挙動にマイナスポイントを付けてしまいました。

でもいいところももちろんあります!
それは連係機能。
Cal-Syncは「スケジュール入力」と色々なカレンダーアプリとの「連携」がウリだと思っています。
iPhoneだけでスケジュールを管理しているなら、iPhone標準カレンダーとだけ連携して、それで完結する。
でもほとんどの人がデスクトップPC、あるいはノートPC、タブレット端末などその人のスタイルで複数のデバイスを活用しているのではないでしょうか?
外出先ではiPhoneだけでも、自宅やオフィスではPCと言うのは私も含めて多いのでは?
そんな時、端末ごとにスケジュール管理していては効率悪すぎ。

iPhone標準カレンダー
写真 12-01-09 12 32 47




そこで「Cal-Sync」。
連係機能に関しては、あの入力のダメダメさがウソのよう。

Cal-Sync設定

標準カレンダーとはもちろん、Googleアカウントを持っていればGoogleカレンダーとも簡単に同期します。
公式HPには何やら難しい事が書いてありますが、

設定 → 表示するカレンダーの選択 → チェック

で同期します。
自分でも何か特別なことしたかな?と思い出す前に、カレンダーにスケジュールが反映してました。

cal-syncカレンダー

この連携は拍子抜けするくらいに簡単でした。
カレンダーへの反映もほぼリアルタイム!

Googleカレンダー
写真 12-01-09 12 33 30



本当に後はOCRの認識率の向上を望みます。
手入力が苦でない人には、現状のままでもオススメかも。



次はどんなカレンダーアプリがいいかな?

















人気ブログランキングへ

シリーズ最速ポケットWiFiと最新ノートPCセット







関連記事
新着記事一覧