夜写真。
何とも不思議な響きがするのは私だけでしょうか。


「夜」のイメージと表現
①暗くて物が見えない。(宵闇よいやみが迫る・夜のとばりが降りる・暗い夜道を行く・闇夜の烏からす)
②休息と睡眠のとき。(夜も遅いからもう寝よう・夜中に電話してくるとは何事だ)
③放逸と遊蕩ゆうとうのとき。(歴史は夜作られる・夜な夜な夜の街[ちまた/盛り場/歓楽街]を徘徊はいかいする・夜遊び・夜の観光)
④犯罪と悪徳の世界。(夜の一人歩きは危険だ・夜陰に乗じて盗みを働く・夜[暗黒街]の帝王)

                                       「明鏡国語辞典」より



暗く、猥雑で、悪のイメージのつきまとう「夜」。
光が無くては撮れない「写真」。

相反するような「夜」と「写真」。

それぞれの作家が持つイメージの「夜」をご覧下さい。


    夜写真展「koyoi」

koyoi_dm_o_small.jpg


■ 開催日
2012年2月6日(月) ~ 2月19日(日)
12:00~20:00(最終日のみ18:00まで)
定休日:水曜日
  
■ 場所
Acru Gallery
住所:大阪府大阪市中央区南船場3-7-15 北心斎橋サニービル1F
       TEL:06-6282-5533



















人気ブログランキングへ




関連記事
新着記事一覧