上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数年、写真展に出す写真はほぼ家のプリンターで出力している。
稀に大判で出力するときは、専門の業者さんにお願いしているが、それ以外はお家プリントだ。
コストを考えると、お店に出した方がいいかも知れない。
でも自分でプリントすることで、拙い腕だが自分のイメージに近づけるような気がする。

2007_10_251_lv_fc2.jpg


酒もタバコも博打もやらないので、ここら辺にお金をつぎ込んでも「良いんじゃないか!?」と自分を正当化してる。


お店に頼まないもう一つの理由は時間の制約。
仕事の都合で、写真の出来上がりの日時に受け取りに行けるか分からない。
毎日定時に終わる仕事ではないので、こういうときに困る。
いつもギリギリ派の私にはツライ。


そんな理由でいつも家でプリントしています。

ギリギリ派の私でも、流石に来週から始まる夜写真展「koyoi」の準備は既にしている。
当たり前だ。
写真も選び、プリントも済ませ、あとは額に入れるだけ。

が、いざ額に入れる段階で、「これは?」な部分が.....

作業してるときは、夢中で気づかないことも、ある程度時間が経つと冷静に見ることができて、手直しすることもしょっちゅうです。
最初のプリントで落ちつて見てれば問題無いんですが、こんな調子なんでギリギリ派です。

来週から開催とはいえ、私はもう搬入日まで休みがない!
慌てて修正&プリント。

とりあえず、自分ではOK。
今使っているプリンターは顔料インクなので、色の落ち着きが早い。
たぶん、出力直後も24時間後も見分けつかないかも。

以前の染料インク機だと、発色も良く、コストも安いけど出力後、色が安定するまで数時間かかった。
エプソンも公式には24時間の乾燥を勧めている。
ただ、染料に対してか、顔料に対してかは書かれていない。単にトラブルを防ぐために安全なマージンを記載してるのでしょう。

出力直後に印刷面を擦らなければ、プリントも傷まない。
今回のような短期間の展示では褪色も考えなくてよいので、もう額に入れちゃいました。
40分ほどの乾燥でした。
乾燥時間はグーグル先生に聞いても答えてくれないので、自分でデータ取るしかないですね。
季節や印刷設定にも左右されると思いますが。



今回はこれで大丈夫かな?
ダメなら前日に徹夜ですね。





















人気ブログランキングへ

楽天トラベル




関連記事
新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。