ブラウン管。
ドイツのカール・フェルディナント・ブラウンが発明した、図像を表示する陰極線管。
ブラウンによる発明は陰極線管自体の発明でもあり、陰極線管を総称してブラウン管と言うこともあり、逆に受像管をCRT (Cathode Ray Tube) と言ったりする。
ビデオモニター、テレビ受像器、コンピューターなどのディスプレイなど、多く用いられてきた。
(ウィキペディアより抜粋)


今朝天気予報を見ようと思ったら、「ザザッ」と画像が乱れて画面が真っ暗になった....

我が家のテレビはNEC製25型テレビ。1994年製造のシールが貼ってある。
なかなかの古参兵である。
画面の絶妙なラウンド具合がたまらないのだが、
しかし寄る年波には勝てなかったのであろう。残念です。

LX5_12758_small.jpg


やっぱりテレビは無いと困るので、早速ビックカメラへGo!
と、出かける前にネットで価格と各社製品の特徴をチェック。
東芝REGZAのZ3辺りがいいかな?
あとは店頭でお買い得品がないか期待する。でも金曜なのでどうかなー

ビックカメラ到着。
テレビ売り場を歩き回る。ホントに歩き回る。

あんなにテレビばっかり見てると頭がおかしくなってくる。
色んなメーカーが色んなモデル出しているから、どれを選んでいいか分からない。

歩き回っても疲れるだけなので、とりあえず店員に声を掛ける。
下調べしてきたREGZA Z3を軸に交渉してみる。
しかし、レグザの隣に展示してある40型ソニー・ブラビアは\54500。
ブラビア、安いじゃないか!Wチューナーで500GBのHDDも内蔵してる!
聞いてみると、在庫無し。次回入荷は3月!!
他メーカーも聞いてみるが、めぼしいモデルは全部在庫なし
どれもこれも3月入荷だそうだ。。
大丈夫か?ビックカメラ。

42型レグザZ3のみ2台在庫有りと言うことで、お買い上げ。
ちょこっとオマケして貰った。



撮りためたお笑い番組を見るのが毎日の楽しみなので一日でも早く欲しい。
そんな気配を感じたのか店員さんが、
「車でお越しでしたら、お持ち帰りされますか?」
いやいや、レグザZ3の外形寸法は、幅112.7cm×高さ75.6cm×奥行25.4cm。
梱包材や外箱を考えると、結構デカいだろう。
軽トラで来たと思ったのかな?
持って帰りたいのは、ヤマヤマだが配送をお願いする。


あー、ブラウン管よ、さようなら。


















人気ブログランキングへ





関連記事
新着記事一覧