最近のVAIOにはいたわり充電という設定がある。
バッテリーを100%充電したままで、使用を続けるのはバッテリーの寿命を縮める。
というので、80%(あるいは50%)までしか充電できないようにする設定です。

いたわり1_blog


それでも不安でケチくさい私は、たまにACアダプタを抜いて、バッテリー駆動し、バッテリー残量を限りなく0%にしてから再び充電して80%をキープするようにしています。

いたわり2_blog


放電と充電をほどよく繰り返してやることで、バッテリーの劣化を防ごうという小市民です。
でもここへきてひとつのジレンマが。
それは、この夏の節電です。



いたわり3_blog



関西は一昨年に比べ、10~15%の節電目標。
計画停電もあるかも知れません。

そんな事もあるだろうと、今回PCをリニューアルするにあたってノートPCを選択しました。
停電中もバッテリー駆動できる。
平常時もデスクトップに比べ消費電力も少ないだろう。(PenDよりは確実に!)
更に平常時でもバッテリー駆動すれば、電力消費量を下げられるのではないかと考えた。(ごく微々たるものだが)


電気なしには私たちの暮らしは成り立たない。
けれど、近年は無駄に使い過ぎな部分が多いです。
それは、去年実感しました。

細かいケチケチ作戦ですが、続けていこうと思います。





















国内宿・ホテル予約なら、るるぶトラベル!







関連記事
新着記事一覧