RX100をしばらく使ってみて色々気付いた。

分かっていたけど、レンズ先端5cmまで寄れるのは広角端のみ。
少しでもズームしてしまうと....寄れない。
少々残念。


ただ使い勝手は初代NEX-5よりかなり向上している。

Fnキーに7つまでよく使う項目を登録できる。
当たり前のようだが、NEX使いからすれば、めちゃくちゃ便利だ。

LX5_00426_small.jpg


とりあえず、こんな感じで登録してみた。
あとコントロールリングと背面ホイールの左右にも一つずつ登録できる。

LX5_00427_small.jpg


初代NEX-5から比べれば、至れり尽くせりだ。
更に更にこうした項目の変更をセットにして3パターンまで記憶してくれるMR(メモリーリコール)まで搭載している。
Aマウントα並みだ。

D700_00431_LR_small.jpg


これらの機能はかなり快適に撮影を行える。
頻繁にセッティングを変更しながら撮影する人には非常にありがたい。



SONY製デジカメの便利機能のひとつ。手持ち夜景。
夜景を撮る時、低感度で高速連写して合成する機能。
ノイズを提言して、手ブレも防げるという機能。
便利なんだけど、画質はJPEGオンリー。
私は通常画質をRAWにしているので、あまり使ってなかった。
画質をいちいちメニューから呼び出して、変更するのが面倒臭いから。

RX100で何気に手持ち夜景を試してみたら、なんと自動的にRAWからJPEGに画質変更して撮影できてる!
しかも手持ち夜景から通常モードに戻して撮影すると、ちゃんとRAWで記録されてる。
うーん、なんか感動した。


だけど、HDRとマルチショットノイズリダクションについては、やっぱり手動でRAWからJPEGに変更してやらないと利用できなかった。

RX200やα99だと自動的に変更してくれるかな。
SONYさん、お願いします。


















auひかり申込窓口 キャッシュバックキャンペーン実施中!





















関連記事
新着記事一覧