FZ150をいじり回して気が付いた事。
コイツ、フィルター付けるためのネジがきってある!
D700_00642_small.jpg

FZ150は電源OFF時にレンズ前玉を保護するレンズバリアは無い。
一眼レフ同様のバネ式レンズキャップを装着する。
普段、デジタル一眼を肩から提げて撮り歩きするときも、キャップは付けない。
前玉の汚れはあんまり気にしない無頓着派だ。
大雑把な性格もあるが、撮影のたびにキャップの着脱は面倒。
あ、やっぱり大雑把なのか?

ただこのFZ150は少々埃っぽい所で使おうと考えてる。
なのでいくら無頓着な私でも、前玉についた埃を(最低限ブロアで吹き飛ばすが)クリーニングクロスでぐりぐり拭くのはいかがなものか?と考えた。

話は冒頭に戻る。
フィルターを付けるネジがきってある。
「じゃあプロテクトフィルター付ければいいじゃないか!」
と言う結論に達した。

何ミリ径のフィルターかなと適当なフィルターを付けてみると52mm径と判明。
昔銀塩一眼レフで使っていたMF単焦点のAiニッコールがある。しかも手持ちのレンズがほとんど52mm径。
なのでフィルター箱をがさごそ探してみる。
出てくる出てくる。
色んな径の色んなフィルター達。
フロントキャップキャップ、リアキャップ。
ステップアップリング。
フード。
etc.....

昔はフィルターって割と使っていたんだなと再認識。
しかし、透明なプロテクトフィルターは見あたらず。
それに近いものでUVフィルターやスカイライトフィルターはあった。

改めて考えると、効果を考えたフィルターは買ったけど、保護のみを考えたフィルターは買わなかったんだ。
そう気付くと、プロテクトフィルターなんてどうでもいいやってことになり、片付けはじめた。

FZ150_00624_small.jpg


そこに1個のフィルターが目に止まる。
ん?これは....?


<< つづく >>




















バーゲン価格の宿泊プラン [Yahoo!トラベル]





関連記事
新着記事一覧