<< 前回からのつづき >>

この箱に入っていたものは何なのか?
FZ150_00624_small.jpg


実はこれでした。
LX5_00645_small.jpg

これって言っても分からない人が大半だと思います。
フィルター枠にも書いてありますが、これはクローズアップレンズNo.10ってヤツです。

LX5_00646_small.jpg


大きさの比較が出来ないとイメージしづらいので、CFカードと並べて撮り直してみました。
じゃあこいつは何をするものかって言うと、その名の通りレンズの先っちょにねじ込むとクローズアップした写真が撮れます。

このクローズアップNo.10は10cmの近接撮影を可能にするクローズアップレンズ。
50mmレンズで1/2倍、100mmレンズでは等倍の接写が可能。
コンパクトデジカメは被写体にスゴく近寄れます。1cmくらい寄れます。
FZ150もマクロモードでレンズ先端から1cmまで近寄れます。
だけど、撮影倍率は等倍とはいかない。

撮影倍率やら最短撮影距離やら難しい言葉はグーグル先生に聞きましょう。
私もしっかり理解していないしー(笑)

難しいことはさておいて、実際に撮影してみよう。

iPhone3GSのリンゴマークをアップで撮ってみる。
FZ150_00635_small.jpg


まずはフィルターなし。広角端でピントの合うまで近づいてみた。
レンズ先端の一部はiPhoneに接している。
FZ150_00636_small.jpg
クローズアップレンズなし
焦点距離27mm(35mm換算) 、 レンズ先端からリンゴマークまで1cm




じゃあフィルターを装着。広角端で近づいてみた。
これもレンズ先端の一部はiPhoneに接している。
FZ150_00649_small.jpg
クローズアップレンズあり
焦点距離27mm(35mm換算) 、 レンズ先端からリンゴマークまで1cm




「クローズアップレンズなし」よりもリンゴマークが小さくなっているのは、クローズアップレンズの厚みの分だけリンゴマークに近づけなかったからだと思う。
じゃあクローズアップレンズの意味ないじゃん!と思うかも知れないけど、ちょっと条件を変えてみる。

FZ150_00640_small.jpg
クローズアップレンズあり
焦点距離 155mm(35mm換算)、レンズ先端からリンゴマークまで9cm




おおー、リンゴマークがデカい!
リンゴマーク上の細かい傷まで写ってる!
ただ画質は落ちるので(特に周辺)、実際には使うかどうかは微妙な所。


ただフィルターを取り付けられるのは大きなポイント。
デジタル処理によるフィルター効果が当たり前だけど、NDフィルターやPLフィルターなんかはデジタルでは表現できない効果を生むので撮影用途によってはありがたい。
遊べる幅が広がるね。

みなさんも是非フィルターで新しい写真を撮ってみてください。
国際フィルターフォトコンテスト



















楽天ブックス





関連記事
新着記事一覧