RX100_01053_small.jpg


猛暑から一転、夜は秋の足音。
こんな夜は洒落た名前のボトルを空けて、
便箋に文字を走らす。
隣で寝息をたてる、あの人のに届けるために。





















関連記事
新着記事一覧