上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
E-M5II_1701230382_small.jpg

手帳選びは悩ましい。
筆記具は自分に合わなければ、使わないで机の中に仕舞っておいたり、誰かにあげたりできる。
手帳は約一年付き合うことになる。合わないのに一年付き合わねばならない。

しかも期間限定商品だ。
合わなかったからと言って、他の手帳に買い替えようにもその頃には売り切れているものも多い。


プライベートの手帳は1月始まりを買う。
新年から書き始める。
1月始まりは10月頃から、選定作業に入る。
このメーカーはどうか?
去年と仕様が変わっているか?
そんなことを考えつつ、文具店や東急ハンズ、LOFTの手帳売り場をウロウロする。
傍からみたら不審者っぽいだろう。
不審者っぽく見られつつ、今年の1月始まりはほぼ日手帳オリジナルにした。

問題は4月始まりの手帳。
仕事用の手帳は4月始まりを使っている。
まだ手帳売り場には1月始まりの売れ残りが多く、4月始まりは少ない。
しかし、4月始まりも仕様は1月始まりとほぼ同じと考えられるので、1月始まりの手帳の紙質やレイアウトを吟味する。

E-M5II_1701230381_small.jpg


仕事用はずーーーっとダイゴーのポケットサイズの手帳(週間レフト)を使っていました。
2012年から書き留めておく事が多くなり、予定も書きこみたいのでバーチカルを選んできました。
ここ最近では2015年はほぼ日カズン。2016年はユナイテッドビーズB6バーチカル。
2017年は手帳の高橋のティーズ・ディレクション。エイ出版のESダイアリーA5バーチカル。ほぼ日カズン。
この3つを考えています。
重さと値段の高さを考えなければ、ほぼ日カズンなんだけどなぁー









関連記事

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。